サプリメントと薬の違いとは

obenkyotanosi

現在、テレビや雑誌などであらゆるサプリメントが紹介され、販売されています。そのため、薬と同じような効果がサプリメントにもあるという風潮がみられます。しかし、実際は、厳密な違いを持った、全く別の物として定められています。薬は、人や動物などの病気を治療、予防するための物質であるという薬事法という法律があり、厳密な管理がされています。効果や効能を確かめるために臨床試験が繰り返された後、国から承認を受けています。また、医師の処方箋のもとに患者の手に渡る、医療用と、ドラッグストアなどで比較的簡単に手に入る一般用があります。

ただし、一般用でも販売するためには薬剤師の常駐が必要で、服用についての相談等を受けています。一方サプリメントは、似たような形状をしていますが、厳密な法律はなく、食品という扱いになっています。そのため、スーパーやドラッグストアなど幅広い場所での販売ができます。目的も、健康の維持としてがメインのため、病気の治療としての使用は認められておらず、効果や効能を表記する事は認められていません。

また、服用のタイミングや服用の量など、具体的な使用法を明記する事もできません。また、サプリメントの中には、特定保健用食品のように、消費者庁に許可を受けたものもありますが、医薬品ではないので、特定の疾患に対して効果があるような表示は認められていません。このように、サプリメントは食品という扱いになる事から、消費者が自由に摂取できるという事になります。そのため、普段常用している薬と併用しながら、サプリを摂取している人も多くみられます。

しかし、この行為は危険を伴う場合もあります。なぜなら、本来服用している薬の吸収をサプリの成分が妨げるといった事が起きるからです。また、飲み合わせによっては、別の疾患を発症したり、低血圧などを引き起こす可能性もあります。このような事態を避けるために、持病がある場合のサプリの服用は、主治医に相談する事が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>