オリゴ糖に便秘解消効果がある理由

便秘は、運動不足による大腸の扇動運動が悪くなるためにおこることもありますが、それ以外にこの扇動運動を刺激して腸内環境を整える善玉菌の不足があげられます。大腸を正常な運動をさせることに戻すには、善玉菌の増加しかないわけです。この善玉菌の代表なのが、ビフィズス菌です。このビフィズス菌は、母乳に多く含まれるものでたいていの人は母乳で育つと体内に適切な量の菌がありますが、粉ミルクなどで育つと少ない場合もあります。

sirabetayo

ではこの善玉菌のビフィズス菌を増やすには、どうすればいいのかといいますと、このビフィズス菌入りのヨーグルトを毎日とるという方法もありますが、実はビフィズス菌は胃酸に弱く、腸まで辿り着くのはごくわずかですので、腸内にあるものを増やす努力をしたほうがいいです。そこでお勧めなのがオリゴ糖の摂取です。オリゴ糖はビフィズス菌のえさになりますし、胃酸で消滅せず腸に届くのでいいです。オリゴ糖は、普通のシロップのように使えるのでヨーグルトのかけて食べるか、あるいは菌ではないので熱には関係なく使えるため、料理にも調味料として入れることができます。比較的価格も安いので毎日続けていくこともできます。

ただしこのオリゴ糖は、過剰に摂取しないほうがいいです。頑固な便秘には、かなりの量を用いるほうが便通もよくなりますが、それほど頑固でもない便秘では、過剰摂取がビフィズス菌の餌を過剰にあたえることになり、ビフィズス菌が必要以上に増えすぎて、大腸の活動がよくなりすぎて、下痢にちかいものになりますので注意が必要です。

しかし便秘は、腸内環境を悪化させ、大腸がんや他の生活習慣病を引き起こす元になるので、便秘を解消して排便するにはこのオリゴ糖の習慣はいいので、適量を探りながら毎日とるようにするほうがいいです。便通は毎日あるとないとでは、最近女性に多い大腸がんの発症リスクにかなり差がでますので、やはりオリゴ糖を毎日続けるほうがいいです。

乳酸菌サプリについての解説はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>