グルコサミンとコンドロイチンの解説

hizaitta

グルコサミンは、アミノ糖の1種です。
カニやエビなどの殻に含まれている成分として知られています。
実際、健康食品として販売されているグルコサミンはカニやエビなどから抽出されています。
そのため、甲殻類にアレルギーのある人は注意が必要です。

グルコサミンは軟骨によい効果があります。
軟骨の成分である、プロテオグリカンを生成してくれるからです。
グルコサミンがプロテオグリカンになり、そのプロテオグリカンが軟骨を修復してくれます。

コンドロイチンは、プロテオグリカンの成分の1つです。
正確には、コンドロイチン硫酸といいます。
サメの軟骨に多く含まれていることで知られています。
実際、健康食品として販売されているコンドロイチンはサメの軟骨が主な原料です。

コンドロイチンには、水分を保持する効果があります。
生物がしなやかさを保てるのは、これのおかげです。
じつは、コンドロイチンは軟骨に限らず、生物の体中に存在します。
人の体にも多く存在しており、人が瑞々しく柔らかい体をしているのはこれの効果によるものです。

グルコサミンは、プロテオグリカンの原料の1つです。
コンドロイチンは、プロテオグリカンの成分の1つです。
つまり、グルコサミンはコンドロイチンの原料ということになります。

両者に共通しているのは、軟骨に深く関わりがあるということです。
健康な軟骨を保つためには、どちらも欠かせません。
しかし、両者ともに年齢を重ねるごとに減少していってしまいます。

するとどうなるかというと、軟骨はもちろん、体中の関節に痛みが生じるようになります。
グルコサミンが不足すると骨が弱くなります。
コンドロイチンが不足すると柔軟さを保てなくなります。
年を重ねるごとに体が脆く、そして硬くなってしまうのは、これが原因です。

そのため、この2つの成分を程よく摂取することが健康につながります。
体が柔らかくなり、関節が軽快に動くようになります。
健康的に歩けるようになるためにも、この2つは大切な成分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>