ビタミンの役割と種類の解説

ryokuouyasai

人間にとって必須な栄養成分のひとつがビタミンです。健康管理や美容面からも、バランスの取れた食生活が大事なことは世界中の常識とまでいわれるようになりました。私たちは体内で生成することができない成分のため、外から栄養素として摂り入れる必要があります。ビタミンは糖質やタンパク質、脂質の3大栄養素が血や肉、またエネルギーを作る際の化学反応である代謝を助けていて全部で13種類あり、主なものはビタミンAにB群をはじめCとD、そしてEがあげられます。いずれも非常に重要な役目を担っており、どれが欠けても健康を大きく損なうことになります。

AとC、EはACEつまりビタミンエースという別名でよく呼ばれますが、これらは美容面で大いに重宝される種類です。もちろんBやKなど、ほかの種類もそれぞれ大きな働きをしています。まずビタミンAは目の機能を正常に保ったり、粘膜や皮膚を強くするという働きをします。B群は糖質や脂質、タンパク質の代謝を促進し、B6は糖尿病やアレルギーに、またB12は貧血に効果があります。Cは毛細血管や歯、骨などの結合組織を強固にするのに欠かせません。病気に対する抵抗力を高め、シミやそばかすを防ぎます。ストレスを軽減する抗ストレス効果やがんなどへの効用も認められた研究結果もあり、大きな期待が寄せられている成分です。

yasadozo

Dはカルシウムの吸収を助けるため、骨や歯を強くします。骨粗鬆症の予防にも不可欠です。Eは若返りビタミンとも呼ばれ、老化を亢進する有害物質や過酸化脂質ができるのを抑制する抗酸化作用を持つとされ、注目されてきました。この優れたパワーは善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防する作用もあります。ただ気をつけなくてはいけないのは、やみくもに摂取すればいいというわけではありません。AやEは、摂り過ぎには注意が必要です。例えばビタミンAの成人1日所要量は、男性で2000IU、女性で1800IUと定められており、過不足のないよう気をつけることが健康の秘訣だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>