更年期の女性とホルモンバランスとの関係性

LP22

更年期とは、閉経の5年前後の時期を指し、閉経の平均年齢は50歳と言われているので45~55歳がその範囲と言えます。しかし閉経は妊娠の有無や生活環境などにより個人差があるので、はっきりと何歳とは言い切ることが出来ません。
女性は初潮が始まった時から妊娠出来る身体に変化しますが、卵巣の働きは30歳をピークに衰え始めると言われています。卵巣が機能している状態ですと、生理後に卵胞ホルモンが増え、排卵日を迎える頃から黄体ホルモンが増えます。そして卵胞ホルモンも黄体ホルモンも共に減少をした時に再び生理が始まるのです。しかし卵巣の働きが衰えると卵胞ホルモンの分泌が徐々に少なくなり、脳が卵巣を働かせるために卵胞ホルモンの分泌を促すように指令を出します。分泌するように指令しても卵巣は衰え始めているのでやはり分泌はされにくく、結果として混乱した脳は興奮状態になり自律神経を刺激してしまい体調や心に大きな変化を与えてしまうのです。変化として挙げられるのは身体のほてりや睡眠障害、イライラなどがありますが、これは更年期障害という名前が付いているので聞いたことがある人も多いでしょう。

更年期に入ると卵胞ホルモンが分泌されにくくなるので変調をきたすことが分かっているので、対策を取ることは出来ます。ピルや注射などにより卵胞ホルモンを摂取るすることも良いかもしれませんが、まずは食事から摂り入れることです。卵胞ホルモンは別名エストロゲンと呼ばれており、エストロゲンに似た構造として大豆イソフラボンやポリフェノールがあります。大豆イソフラボンならば納豆や味噌、豆腐、湯葉など食生活に取り入れやすい物が多いですし、ポリフェノールならブドウやプルーンなど間食に取り入れることも出来ます。これらの食材一度にたくさん取り入れるよりも、毎日少しずつ摂取することが効果的です。

更年期はホルモンが変化するだけでなく、周囲の環境が変わりやすい年代でもあります。体調の変化の全てが更年期障害が原因とは言いませんが、女性にとってホルモンの変化は大きな問題の1つであることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>