カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ブルーベリーサプリの効果的な飲み方は?飲む時間は?

kwuP

ブルーベリーのサプリメントは目に効果的なのですが、いつ飲んだら良いのか迷っている人もいるかもしれません。サプリメントを飲むならその効果を最大限に発揮したいと考えている人も多いでしょう。ブルーベリーのサプリメントは眼精疲労を軽減する効果があるため、かなり注目を集めています。サプリメントは薬ではないので効果は緩やかなのですが、1日で飲む量が決められているので注意しましょう。1日何粒飲むのかはサプリメントによって異なっており、パッケージに記載されている量を守って摂取することが大切です。また、サプリメントを飲むタイミングについては特に決まっていないのですが、買った商品の主成分が水溶性なのか不溶性なのかによって異なってきます。ブルーベリーのサプリメントには、アントシアニンという成分が多く含まれています。これはポリフェノールの一種であり、水溶性の色素となっています。水溶性の栄養素はいつ飲んでも効果がすぐに出るのですが、吸収が早いので長続きしないという特徴があります。

ちなみに、水溶性の栄養素であってもおすすめの摂取タイミングというものがあるため、しっかりチェックしておきましょう。パソコンやスマートフォンを使う予定がある場合、その1時間くらい前に飲んでおくと効果が出やすいと言われています。最初のうちは目が元気なので問題ないのですが、時間が経つと少しずつ目が疲れてきてしまいます。約1時間前にブルーベリーのサプリメントを摂取しておくことにより、目が疲れ始めた頃に有効成分の効果が出てくるようになるのです。目が疲れてきてから飲んでも効果が出るまでに時間がかかるため、事前に飲んでおくことが大切です。事前に飲んでおくことでちょうど良いタイミングで効果を実感することができるでしょう。仕事でパソコンなどを使う場合は仕事が始まる1時間前などに飲んでおくのが良く、それによって目の疲れを感じることなくパソコン作業を行うことができます。

更年期の女性とホルモンバランスとの関係性

LP22

更年期とは、閉経の5年前後の時期を指し、閉経の平均年齢は50歳と言われているので45~55歳がその範囲と言えます。しかし閉経は妊娠の有無や生活環境などにより個人差があるので、はっきりと何歳とは言い切ることが出来ません。
女性は初潮が始まった時から妊娠出来る身体に変化しますが、卵巣の働きは30歳をピークに衰え始めると言われています。卵巣が機能している状態ですと、生理後に卵胞ホルモンが増え、排卵日を迎える頃から黄体ホルモンが増えます。そして卵胞ホルモンも黄体ホルモンも共に減少をした時に再び生理が始まるのです。しかし卵巣の働きが衰えると卵胞ホルモンの分泌が徐々に少なくなり、脳が卵巣を働かせるために卵胞ホルモンの分泌を促すように指令を出します。分泌するように指令しても卵巣は衰え始めているのでやはり分泌はされにくく、結果として混乱した脳は興奮状態になり自律神経を刺激してしまい体調や心に大きな変化を与えてしまうのです。変化として挙げられるのは身体のほてりや睡眠障害、イライラなどがありますが、これは更年期障害という名前が付いているので聞いたことがある人も多いでしょう。

更年期に入ると卵胞ホルモンが分泌されにくくなるので変調をきたすことが分かっているので、対策を取ることは出来ます。ピルや注射などにより卵胞ホルモンを摂取るすることも良いかもしれませんが、まずは食事から摂り入れることです。卵胞ホルモンは別名エストロゲンと呼ばれており、エストロゲンに似た構造として大豆イソフラボンやポリフェノールがあります。大豆イソフラボンならば納豆や味噌、豆腐、湯葉など食生活に取り入れやすい物が多いですし、ポリフェノールならブドウやプルーンなど間食に取り入れることも出来ます。これらの食材一度にたくさん取り入れるよりも、毎日少しずつ摂取することが効果的です。

更年期はホルモンが変化するだけでなく、周囲の環境が変わりやすい年代でもあります。体調の変化の全てが更年期障害が原因とは言いませんが、女性にとってホルモンの変化は大きな問題の1つであることは間違いありません。

ミネラルウォーターに含まれるカリウムの効果は?

ミネラルウォーターには、カリウムやナトリウムやカルシウム、マグネシウムなどの体に良いミネラル成分が豊富に含まれているので、健康と美容が気になる方におすすめです。
中でもカリウムは、人体には必須のミネラルで、体内では主に筋肉細胞に多く含まれており、肝臓、腎臓、心臓、骨細胞などにも存在しています。
体液のバランスを整えたり、浸透圧の調整を行い、筋肉の収縮や神経伝達やにもかかわる重要なミネラル成分なので、不足すると、脳や心臓、筋肉などの神経組織の活動による情報伝達がうまくいかなくなってしまいます。
カリウムはナトリウムと深い関係があり、塩化ナトリウムを過剰に体内に取り入れた際、余分な塩分を体外へ排出を促す働きがあります。

余分な塩分が排出されると、血圧が下がるので、高血圧でお悩みの方はミネラルウォーターを摂取するようにしたいですね。
高血圧の予防や改善が出来るだけでなく、高血圧の人がなりやすい不整脈や心不全を予防できますし、尿酸値を下げたり、体内の老廃物の排泄したり、筋肉の正常な収縮運動を助けます。

カリウムを食品で摂取しようと思うと、大豆や納豆、わかめ、昆布、バナナ、パセリ、アボガド、バナナなどを食べなければなりませんが、毎日一定量を摂るのは難しいなら、ミネラルウォーターを飲むのが一番です。
ミネラルウォーターにはカリウムがたっぷり含まれていますし、ただ飲むだけでなく、料理に使うことも出来るので、自然にカリウムを摂取することが出来ます。

カリウムが不足すると、すぐに疲れを感じたり、筋肉が痙攣しやすくなったり、血圧が上がったりしますし、尿酸値が上昇して、尿路結石や痛風になったり、心臓の働きが悪くなることがあるので危険です。
カリウムはあらゆる食品に含まれているので摂取しやすいですが、調理により失われやすく、ナトリウムと共に体外に排泄されやすいので、不足しがちになります。
スポーツを行った後は特にそうなので、ミネラルウォーターで補充するようにしましょう。

最近話題となった水素水について知りたい方はコチラ>>>水素水おすすめランキング.net

悪玉コレステロールと納豆

悪玉コレステロールとは、LDLともいわれることのあるコレストロールの一種のことです。
悪というマイナスなイメージの文字がついていることから、身体にとって悪いものと思ってしまいがちですが、実は身体にとってはなくてはならない栄養素のひとつでもあります。
一方で体内で増えすぎてしまうと、身体にとってマイナスになってしまうことも多い栄養素なのです。
適度に体内に存在していれば何も問題はありません。

しかし増加しすぎてしまうと、様々な病気を招く原因になりかねませんので増えすぎや摂取しすぎには注意が必要です。
悪玉コレステロールが増えてしまう要因はいくつか考えられますが、一番の要因は加齢によるものです。
若い時は自然に代謝されていたコレステロールや脂質が、年を重ねるとともに上手く代謝されなくなってしまいます。
加齢のほかには運動不足が上げられます。

暴飲暴食でもコレステロール値は上がってしまいますし、ストレスを受けるのもよくないでしょう。
ダイエットなどで極端な食事制限を行っている場合もよくないと言えます。
悪玉コレストロールを減らす食品類は、サバやサンマ、アジなどの青魚、マグロなどの赤身の魚、大豆タンパク質を多く含む食品などがおすすめです。
大豆タンパク質が多く含まれていて摂取することが比較的容易なのは納豆です。

納豆とは大豆を納豆菌を用いることによって発酵させた食品で、ビタミン類を多く含む栄養素の高い食品です。
とくにビタミンKを多く含むので、骨たんぱくのはたらきや、骨形成を促進することから健康用食品となっています。

日本においての調査により、大豆製品の摂取が習慣的に多い人は、血中LDLコレストロール値が低いことが示されています。
これは納豆を摂取することによって、血中の脂質が下がったことに由来するといわれています。
血中の脂質が下がればいわゆる血液がさらさらの状態になり、脳卒中や動脈硬化などの病気の予防を期待することができます。

葉酸の摂取の推奨

葉酸の摂取の推奨を労働厚生省が行っています。これは神経管閉鎖障害の発症の確率を下げる目的があるのです。今までは外国で多く症例があり、葉酸サプリの利用者も多かったわです。日本ではその割合は低いですが、ゼロではありません。少なからず発生しており、ダウン症の子供を出産するケースはあるのです。また高齢の方の出産に於いて、病気の発症のリスクは高くなります。具体的には35歳以上の出産での確率が高くなるようです。このように我が国でも高齢での出産が増えてきていますから、自然と神経管閉鎖障害に関して注目されるようになってきたのです。

そして、国も神経管閉鎖障害の発生に効果がある葉酸を妊娠している女性に対して、積極的に飲むように勧めているいるのです。実際、母子手帳にもその項目は載せてありますから、妊娠している方は、今からでも飲むことで、胎児の病気発生を抑える努力をしましょう。葉酸を飲む時期ですが、一番重要な時期があります。それは妊娠初期です。

この時期からの服用が効果が高いと言われています。妊娠初期にはつわりがある人が多いようです。食欲も減退するようなこの時期に食物から葉酸を摂取することは容易ではないでしょう。そこでサプリメントです。無味無臭ですから、そんな時期にも飲みやすいですし、必ず一定量の葉酸の摂取が可能です。胎児の健康のためにも葉酸サプリを欠かさず飲むようにしたいものですね。

天然の葉酸サプリ

sutoikku

天然にこだわっている人の多くは、自然の野菜などがいいと考えています。
無農薬野菜や有機栽培野菜を積極的に食べている人たちです。
妊娠した時に葉酸を摂ることが推奨されていますが、葉酸サプリでも天然の葉酸を選ぶことが多いようです。
しかし、葉酸サプリに関しては天然の方が効果も高いと言う根拠はありません。
天然の葉酸は野菜などから抽出しますが、野菜の収穫時期に合わせて製造する必要があり、野菜の品質によって葉酸サプリの品質も左右されてしまうのです。
人工生成の葉酸と天然葉酸では厳密な意味では構造が違います。
しかし、葉酸としての効果は同じであるため、実質的にはどちらでもいいと言えます。
ただ、天然葉酸の方が価格の高さがデメリットです。
製造のための手間がかかるからです。
人工生成の葉酸であれば、いつでも一定品質の葉酸サプリを製造することが可能です。
天候などに左右されないのです。
妊婦さんだけが葉酸を必要としているわけではなく、普通の人も葉酸を摂ることで血管を上部にすることができると言われています。
積極的に葉酸を摂るようにしたいものです。
そのためには葉酸サプリが現実的な対応でしょう。
安い葉酸サプリで十分です。
国内のメーカーの商品であれば、天然でも人工でも気にしないで飲みましょう。
ブログなどを見ると、天然葉酸の方がいいと書かれている場合がありますが、これは大きな間違いです。
医学的な根拠はないのです。
たくさんのブログを読んで、自分で判断することが重要です。

高血圧の症状

okanenokoto

高血圧の定義は、拡張期が140mmH以上、収縮期が80mmH以上の状態をいいます。高血圧の症状は、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、動悸、息切れなどがありますが、これ!といった症状が無いのですが、高血圧です。私も、高血圧だと診断されたときは、「 まさか自分が・・ 」 という思いでしたが、よくよく考えると、昔は無かった症状なのに、ここ最近肩がいように凝ったり、少しのことで、ひどい息切れや動悸がしたり・・心当たりがあったのです。高血圧と診断されてからは、毎日自宅で血圧を測定して、気にしているので、なんとなく体が不調だな・・。と思うときにはだいたい血圧がいつもより上がっています。

高血圧と長い付き合いの方なら、「 今日は高いかも・・ 」と気づくことができるでしょう。しかし、高血圧という自覚がないと、風邪や疲労などの症状にも似ている為、なかなか早期に気づくことが難しいのですし、高血圧の食事療法は、塩分控えめにしたり、濃い味付けが好きな方には、致命的な食事制限があるため、なかなか生活習慣を変えることができないのも現状です。

しかし、高血圧を長期にわたって放っておけば、重い疾患にかかるリスクは上がるので、今現在高血圧で無い方は、何もかもやめるのではなく、過度の塩分や飲酒、喫煙の量をセーブすることだけは心がけておくとよいでしょう。また、高血圧の方のための健康食品もあります。たまねぎの皮は血圧を下げる働きがあり、たまねぎの皮エキスの入った茶葉や、スープなどがドラッグストアでも購入することができます。

グルコサミンとコンドロイチンの解説

hizaitta

グルコサミンは、アミノ糖の1種です。
カニやエビなどの殻に含まれている成分として知られています。
実際、健康食品として販売されているグルコサミンはカニやエビなどから抽出されています。
そのため、甲殻類にアレルギーのある人は注意が必要です。

グルコサミンは軟骨によい効果があります。
軟骨の成分である、プロテオグリカンを生成してくれるからです。
グルコサミンがプロテオグリカンになり、そのプロテオグリカンが軟骨を修復してくれます。

コンドロイチンは、プロテオグリカンの成分の1つです。
正確には、コンドロイチン硫酸といいます。
サメの軟骨に多く含まれていることで知られています。
実際、健康食品として販売されているコンドロイチンはサメの軟骨が主な原料です。

コンドロイチンには、水分を保持する効果があります。
生物がしなやかさを保てるのは、これのおかげです。
じつは、コンドロイチンは軟骨に限らず、生物の体中に存在します。
人の体にも多く存在しており、人が瑞々しく柔らかい体をしているのはこれの効果によるものです。

グルコサミンは、プロテオグリカンの原料の1つです。
コンドロイチンは、プロテオグリカンの成分の1つです。
つまり、グルコサミンはコンドロイチンの原料ということになります。

両者に共通しているのは、軟骨に深く関わりがあるということです。
健康な軟骨を保つためには、どちらも欠かせません。
しかし、両者ともに年齢を重ねるごとに減少していってしまいます。

するとどうなるかというと、軟骨はもちろん、体中の関節に痛みが生じるようになります。
グルコサミンが不足すると骨が弱くなります。
コンドロイチンが不足すると柔軟さを保てなくなります。
年を重ねるごとに体が脆く、そして硬くなってしまうのは、これが原因です。

そのため、この2つの成分を程よく摂取することが健康につながります。
体が柔らかくなり、関節が軽快に動くようになります。
健康的に歩けるようになるためにも、この2つは大切な成分です。

高血圧の改善

zyosi11

高血圧の方の食事療法には、少しずつの改善で大きく変わることもあります。食べることが好きな方は、ほんの少しの改善でも本当に辛いものになりますが、このまま食生活を変えていかないと、必ず早死にします。普段から、インスタントの食事を摂っていませんか? 家事が面倒だからとレンジでチン!おゆをかけて3分! の食事をしていると、確実に不健康の道のりです。

これをまた、汁まで飲んだり2倍の量を食べていると、リスクもぐっとあがります。なるべくインスタントやレトルトのものは使わず、10分20分さえ時間が取れれば、十分ご飯を作れるので、日ごろから積極的に自炊してみてはどうでしょうか。自炊するのを習慣にするのです。料理が苦手な方なら、クックパッドなどのレシピアプリを利用します。本当に素人でもできる簡単なものから手のこったのもまで様々あります。今は、便利な時代なので、ネット環境があれば、料理のレシピが検索できます。

それも無料で十分調べられますし、材料名、病気名などから検索することも可能です。時短メニューもたくさんありますし、「 減塩 」 や、「 高血圧 」 というキーワードで検索すれば出てきますので、参考にしてみるとよいでしょう。しかし、頑張りすぎて、途中であきらめてはいけません、高血圧は一生涯付き合っていかなくてはなりませんし、またもとの食生活に戻れば、高血圧はさらに悪化し、心筋梗塞や脳卒中などの疾患を引き起こすことも考えられます。なので、毎日無理なく続けられるような気軽な料理から始めてみてはどうでしょうか。

精力サプリの成分

hooazia

精力サプリを選ぶのに、配合されている成分を知っていないと自分に合っているのかどうかがわかりません。合わないサプリを飲んでも効果が今イチでは意味がありませんね。そこで、精力を回復するための成分で人気の素材を上げてみましょう。

「クラチャイダム」
精力増強成分をたっぷり含む、今最も注目されている素材です。
タイやラオスを原産とした天然のハーブで、日本では黒ウコン、黒生姜などと呼ばれています。アルギニンなどのアミノ酸を豊富に含んでいて、マカを超える精力素材として有名になりました。精力増強のほか生活習慣病の予防やメタボ対策にも効果があります。ED改善効果も臨床試験で実証済です。

「マカ」
マカは精力減退の改善素材として有名ですが、ミネラル・ビタミン・アミノ酸等の栄養素も豊富なため滋養強壮や健康維持にも効果があることから、色々なサプリなどに使われています。
精力増強に効果があると同時に男性不妊対策にも効果を発揮すると言われています。精子の生成、血流の改善、成長ホルモンの分泌を促すなどの働きをするアルギニンを多く含みます。

「アルギニン」
アルギニンとは条件付必須アミノ酸といわれ、傷の修復時や感染症からの回復に重要な役割を担っています。ホルモン分泌や細胞の増殖、男性器の勃起の仕組みや精子の生成にも関与しています。

「トンカットアリ」
ちょっと変わった名称の精力サプリの素材です。東南アジア地方のインドシナ、マレーシア、ボルネオなどの熱帯雨林に自生している低木の薬用植物です。
長期間かけて成長し、見つけるのが難しいことから入手することが非常に困難な植物とされています。栽培も難しいので、流通しているトンカットアリは全て天然ものとなっています。

トンカットアリの根を粉にして飲用することで、男性機能の向上効果があると言われています。この根っこに含まれる成分が男性ホルモンであるテストステロン値の変化に効果があり、男性生殖機能増強に効果あるとされます。

近年は粗悪品や自生地の経済発展による汚染など、問題も多いトンカットアリ。購入の際には注意が必要です。

「亜鉛」
亜鉛は人のカラダに必要不可欠なミネラルととしても有名な栄養素です。
精子生成やホルモンの分泌促進といった男性機能に対する効果もあります。
クラチャイダムといった、精力増強効果のある素材に多く含まれていて、必須ミネラルとして精子形成、小児の成長、味覚などに深く関わっています。

参考:精力剤人気ランキング『最新版』精力剤の正しい選び方(http://awt-annual13.org/)