カテゴリー別アーカイブ: 未分類

オリゴ糖に便秘解消効果がある理由

便秘は、運動不足による大腸の扇動運動が悪くなるためにおこることもありますが、それ以外にこの扇動運動を刺激して腸内環境を整える善玉菌の不足があげられます。大腸を正常な運動をさせることに戻すには、善玉菌の増加しかないわけです。この善玉菌の代表なのが、ビフィズス菌です。このビフィズス菌は、母乳に多く含まれるものでたいていの人は母乳で育つと体内に適切な量の菌がありますが、粉ミルクなどで育つと少ない場合もあります。

sirabetayo

ではこの善玉菌のビフィズス菌を増やすには、どうすればいいのかといいますと、このビフィズス菌入りのヨーグルトを毎日とるという方法もありますが、実はビフィズス菌は胃酸に弱く、腸まで辿り着くのはごくわずかですので、腸内にあるものを増やす努力をしたほうがいいです。そこでお勧めなのがオリゴ糖の摂取です。オリゴ糖はビフィズス菌のえさになりますし、胃酸で消滅せず腸に届くのでいいです。オリゴ糖は、普通のシロップのように使えるのでヨーグルトのかけて食べるか、あるいは菌ではないので熱には関係なく使えるため、料理にも調味料として入れることができます。比較的価格も安いので毎日続けていくこともできます。

ただしこのオリゴ糖は、過剰に摂取しないほうがいいです。頑固な便秘には、かなりの量を用いるほうが便通もよくなりますが、それほど頑固でもない便秘では、過剰摂取がビフィズス菌の餌を過剰にあたえることになり、ビフィズス菌が必要以上に増えすぎて、大腸の活動がよくなりすぎて、下痢にちかいものになりますので注意が必要です。

しかし便秘は、腸内環境を悪化させ、大腸がんや他の生活習慣病を引き起こす元になるので、便秘を解消して排便するにはこのオリゴ糖の習慣はいいので、適量を探りながら毎日とるようにするほうがいいです。便通は毎日あるとないとでは、最近女性に多い大腸がんの発症リスクにかなり差がでますので、やはりオリゴ糖を毎日続けるほうがいいです。

乳酸菌サプリについての解説はコチラ

ビタミンの役割と種類の解説

ryokuouyasai

人間にとって必須な栄養成分のひとつがビタミンです。健康管理や美容面からも、バランスの取れた食生活が大事なことは世界中の常識とまでいわれるようになりました。私たちは体内で生成することができない成分のため、外から栄養素として摂り入れる必要があります。ビタミンは糖質やタンパク質、脂質の3大栄養素が血や肉、またエネルギーを作る際の化学反応である代謝を助けていて全部で13種類あり、主なものはビタミンAにB群をはじめCとD、そしてEがあげられます。いずれも非常に重要な役目を担っており、どれが欠けても健康を大きく損なうことになります。

AとC、EはACEつまりビタミンエースという別名でよく呼ばれますが、これらは美容面で大いに重宝される種類です。もちろんBやKなど、ほかの種類もそれぞれ大きな働きをしています。まずビタミンAは目の機能を正常に保ったり、粘膜や皮膚を強くするという働きをします。B群は糖質や脂質、タンパク質の代謝を促進し、B6は糖尿病やアレルギーに、またB12は貧血に効果があります。Cは毛細血管や歯、骨などの結合組織を強固にするのに欠かせません。病気に対する抵抗力を高め、シミやそばかすを防ぎます。ストレスを軽減する抗ストレス効果やがんなどへの効用も認められた研究結果もあり、大きな期待が寄せられている成分です。

yasadozo

Dはカルシウムの吸収を助けるため、骨や歯を強くします。骨粗鬆症の予防にも不可欠です。Eは若返りビタミンとも呼ばれ、老化を亢進する有害物質や過酸化脂質ができるのを抑制する抗酸化作用を持つとされ、注目されてきました。この優れたパワーは善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防する作用もあります。ただ気をつけなくてはいけないのは、やみくもに摂取すればいいというわけではありません。AやEは、摂り過ぎには注意が必要です。例えばビタミンAの成人1日所要量は、男性で2000IU、女性で1800IUと定められており、過不足のないよう気をつけることが健康の秘訣だといえます。

漢方薬で生理不順を改善させよう

mousouyo

生理不順で悩んでいる人は多いと思います。生理不順にはさまざまな要因が考えられますが、最も多いのは体の冷えにより体内の各細胞の活動が不順になり、その結果として体調が優れないことによるもので、まずは体の冷えを改善し細胞の活動を活発にすることが最も効果のある方法と言われています。

生理不順というと一般的には子宮の活動が直接的な要因であると考えられることが多いため、その活動改善の為に科学的な療法を選択されることが多いものです。これらの治療は原因と合致すれば非常に効果的ですが、体に対する負担も大きいため、患者の体調によっては必ずしも良い効果を生むばかりではなく場合によっては悪影響を及ぼす場合も有るので注意が必要です。

その点、漢方を使用することは非常に安心で効果があると言われています。漢方の効能は一般的に緩やかで体に対する影響が少ないため、改善の程度は緩やかですが徐々に改善されるという効果があります。更に漢方の特徴としては自然界に存在する成分を原料とするものであるため、人体に対する影響が少なく、また体の全体に作用するという効果を持っています。その為体内の各細胞の活動を全体的に活発にすることができ、単に子宮の活動だけでなく、その他の部分に対する効果も期待することができるのです。

生理不順の原因はさまざまであることから、その改善を行うためには単に局所的な治療だけでなく、体全体の不調を総合的に改善することが必要になります。その点では、漢方の様な体に総合的に作用する治療法の方が科学的な治療に対して総合的に優れているということができます。また、科学的な治療には副作用が起きることも多く、生理不順の様な明確な原因がない場合の症状に対しては非常に大きなリスクも伴います。症状にもよりますが、一般に生理不順と言われている症状については総合的に体調を整え、改善する治療法がより効果的であると考えられ、その点では漢方がリスクが少なく効果が高いとされているのです。

pmsサプリメント完全ガイド.comも参考にしてみてください。